ホーム » 初心者にも分かりやすい着物や振袖の基礎知識

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    初心者にも分かりやすい着物や振袖の基礎知識

    着物や振袖はなかなか普段では着る機会も少ないものですが、それでも夏になれば花火大会や夏祭りなどで着る機会もあれば、そのほかにもお正月や結婚式などで着る機会は多々あります。また、そのような特別な日ではなくても、やはり日本人ですので普段着として着てみたいと考える方は多いかと思います。しかし普通の洋服とは違い決まり事も多いイメージがあるかと思いますので、なかなか知識がないままでは着こなすことが難しいと感じるのではないでしょうか。そこで、ここでは日本人なら誰でも一度は着てみたいと考える和服を初めて着るときに必要な基本的な知識をお伝えしていきます。もしも和服を着てみたいけど知識がなくてなかなか着ることができないという方がいれば、これを参考にして挑戦してみてください。

    それぞれのシーンに合わせて種類を選ぶ

    着物はどれも同じように見えますが、実は普通の洋服と同様にそれぞれのシーンによって着るものに分かれていて、簡単に言うと礼服と普段着に分かれています。基本的な分け方としては礼服の中でも第一礼服と呼ばれるものが振袖、黒留袖、色留袖が第一礼服と呼ばれるもので、洋服でいうところのドレスになります。その為、使うシーンとしては親族の結婚式などになります。次に一般的な礼服ですが、これは訪問着、付け下げ、色無地などが一般的な礼服で、洋服でいうところのスーツになります。その為、パーティーやお茶席などで着る事になります。最後に普段着ですが小紋や紬、ウール、木綿、麻、浴衣などが普段着として用いられていて、洋服でいうとTシャツやブラウスなどになります。また伝統的な技法によって手作りされた高級な紬などもありますが、どんなに高級でもあくまでも普段着としてしか使えず、礼服として着る事はありません。

    季節に合わせて種類や素材を選ぶ

    着物や振袖も洋服と同様に季節や気温などによって使われる生地や仕立て方などが違ってきます。例えば夏によく見かける浴衣ですが、これは夏の暑い時期だけに着るものです。そのほかにも夏場には、洋服でも良く使われる麻や絹でも透ける織り方で織った「絽」や「紗」などは夏場によく目にするものになります。また同じ絹でも冬場になると裏地をつけた「あわせ仕立て」と呼ばれる仕立て方をして寒い冬でも着られるようにしたり、夏ほど暑くはなく冬ほど寒くはないような時期には「ひとえ仕立て」と呼ばれる仕立て方をすることもあります。イメージとしては6月から8月までは「ひとえ仕立て」を着るイメージで着る期間は短い為、初めて着物を選ぶ方は着る期間が長くなる10月から5月に合わせて木綿の浴衣を選んでみてはいかがですか。