最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    着物や振袖を購入する人のための基礎知識

    成人式や卒業式など正装として身につける振袖は身内の結婚式に着用するなど、正装として利用する機会も増えてきているため、若い女性がいるご家庭などはその方だけの和装を購入することを検討する場合も多いです。ただ着物は使用されている素材や、仕立てるお店によってランクが異なり、かかる費用も大きな違いがでてきますので事前に和装について基礎知識を持っておくことが基本となります。正しい知識の元で購入出来る範囲の着物を用意することで、様々な場面で着用することが出来るようになるメリットがあります。そのためにも購入を検討する場合は出来るだけ多くの和装を取り扱っているお店に行き、どのような種類があるのか自分自身で足を運んで知識を得たり、担当者に相談をしてみるのも良い方法です。

    和装の誂えには約半年ほどかかる

    着物は基本的に生地や柄、色味を選んでお店で誂えてもらえるまでに最低でも半年はかかります。そのため急いで来月までに用意したいという方には、誂えを行っていると時間が足りないため既製品を購入する必要があるのです。ただ既製品の場合体型により縫い巾も違ってくることから、その人にあった寸法で柄が染められないデメリットもあるので、色味は気に入っていても柄が気に入らない場合も多いため、せっかく自分だけの和装を購入するのですから時間と余裕をもって誂えてもらうことが重要になります。既製品も自分の好みに合う柄や色味があれば特に問題はありませんし、実際に試着をしてみて寸法があっていれば誂えなくても既製品で充分対処することも出来る場合がありますので、まずは試着をしてみることが大切です。

    着用する季節の事を考えて購入するものを決める

    和装には春夏秋冬と季節に合わせて利用する必要がある約束事があり、柄や色味、素材によって季節にあっているものをうまく活用していないと、冬に夏の素材や柄を利用しているとせっかくの和装も霞んでしまいます。基本的に振袖などの素材に厚みがあり、季節を関係なく着用することが出来る和装の場合、未婚女性に向けた華やかな色味や柄が特徴となっていますので、振袖を購入予定の場合は季節など気にせずに着用する女性が気に入る柄や色で決めてしまうのも1つの方法です。ただ若々しい柄や、華やかな色味は年齢を重ねた方には華やかすぎる可能性がありますので、既婚女性やある程度年齢を重ねた女性などは比較的落ち着いた色味や柄に抑えて、季節に合った柄を合わせることによりおしゃれを楽しむ方法に切り替わっていく特徴があります。

    着物を愛するファンのお客様に喜んでいだだくばかりでなく、仕入先の問屋、染め物屋、織屋さんにも好評の実績があるお店です。 運営実績12年、お仕立ても安心しておまかせください。 コールセンターは、平日10:00~20:00土日祝10:00~18:00です。 安心のきものネット通販で実績13年返品無料です! 品質、価格、品揃え。お客様第一をモットーに 今日もとっておきのお着物を お届けいたします! 着物の振袖なら種類豊富な京都きもの市場